矯正治療(エクストリュージョン)EXTRUSION

できるだけ歯を抜かないために【エクストリュージョン法】

大きなむし歯で歯を抜く理由

大きなむし歯で歯を抜く理由

むし歯によって歯の大部分が崩壊しているケースでは、歯の根っこに『コア』と呼ばれる土台を入れ、その上に被せものを装着する手法がとられます。これは一般的に“差し歯”と呼ばれている被せものです。

ただしこの治療法(差し歯)を適用するには、“歯ぐきより上に歯質が残っていること”が条件となります。これは歯ぐきの上にある程度の歯質が残っていないと土台(コア)を十分に維持できず、仮に無理して入れたとしても被せものがすぐに外れてしまうからです。

したがって歯冠のほとんどが崩壊し、歯ぐきの中に根っこだけが残っている状態のむし歯(C4レベル)は、基本的に抜歯の対象となります。

できるだけ抜歯しないむし歯治療:エクストリュージョン法

できるだけ抜歯しないむし歯治療:エクストリュージョン法

通常は抜歯が適用されるような歯でも可能な限り残してくために、当診療所では『エクストリュージョン法』という治療法をむし歯治療に取り入れています。

エクストリュージョン法とは歯に上向きの力を加えて引き上げていく、矯正治療の手法の1つです。エクストリュージョン法によって歯ぐきに埋まっていた歯根の上部が表面に露出されるため、コア(土台)よる被せもの治療が可能となります。他医院にて「抜歯するしかない」と診断された方も、ぜひ一度当診療所にてご相談ください。